視察研修に行って来ました

H29年 11月21日㈫          消費者グループはままつ

静岡県掛川市大須賀は、伝統的なものづくりが残る、
手作りの店が連なった町です。
町内で、砂糖・塩・酢・醤油・味噌が全部そろいます。

まず伺ったところは、よこすか・しろ(しろした糖)の
工場。世界最北端のサトウキビ畑と言われています。
毎年サトウキビを育て、収穫し葉と皮を取ったサトウ
キビを搾り煮詰めて、黄金色に出来上がった砂糖の結晶。
11月下旬から12月の間だけ作られる砂糖は、量も少なく
貴重品。古くから使われている機械は、今止まっても
不思議ではない代物だと言われていた。
出来たての味は、濃厚で自然でまろやかでした.

次に江戸時代から続く栄醤油醸造店を見学。
伝統製法で醤油を作り続けている老舗で、
大きな木桶が並ぶ蔵が印象的だった。
そこにだけ棲みついた微生物によって、独特の味・色
・香りが生み出されるのだそうです。

最後に、創業明治43年の味噌店・糀屋商店。
健康を考え、添加物・保存料を一切使用せず、
減塩にこだわり、一般の味噌より塩分を2~
3割カットしている。
味噌ごとの産地や配合が店の壁に張り出されており、
ご主人の味噌・塩・原料へのこだわり、熱の入った
話が伝わってきた。
真っ白できれいな糀菌は、無臭で口に含むと甘かった。

日本の伝統は次世代につぎ、残していきたいと感じた。

 

DSCN0454 DSCN0459DSCN0472

 

 

「学習会」 開催     消費者グループはままつ

平成29年3月14日(火)学習会がありました。

課題:糖質ってそんなに悪いのか?「糖質0」について

講師:菅野廣一氏

 

近頃、自動販売機やスーパーなどに数多く出回っている「糖質0」の商品、回転寿司に食事
に行っても上のネタは食べてもご飯は残してしまう人がいる現状をみて、糖質とはそんなに
悪い物なのか、どこまで必要でどこから要らないのか、どのくらいの分量を摂れば良いのか
など、管理栄養士の菅野廣一先生をお招きしてお話を伺いました。

 

1、1日の糖質摂取量
摂取量の目安    体重(kg)× 1g
糖質を摂りすぎると肥満につながるが、目安内であれば問題はない。
今の生活の中では環境の変化により、カロリーの摂りすぎで肥満に
なりやすい人が多くなった。

2、糖質量(g)の計算の仕方
糖質量(g)= 炭水化物(g)ー 食物繊維(g)
食品成分表には糖質の成分量は記載されていない。

3、1日のたんぱく質の摂取量
摂取量の目安   体重(kg)× 1g~1.5g
たんぱく質は筋肉などを形成する最も根本的な栄養素。糖質は大事なエネルギーになり、
不足すると体内のたんぱく質を分解して、そこから糖質を作り出しエネルギーにする。
この過程で筋肉が落ちるなど、体に深刻な悪影響を及ぼす。

4、1日の脂肪の摂取量
摂取量の目安   体重(Kg)× 1g~1.5g
体に必須ビタミンには、水溶性のものと脂溶性のものがある。脂質が不足すると脂溶性
ビタミンが体内に廻らず、便秘になったり、風邪をひきやすくなる。

(まとめ)
ダイエットの敵だとされる糖質だが、体内に入ると分解されブドウ糖となり、体の主要な
エネルギー源になる。極端に減らしてしまうのも考えもの。健康を損なわずに暮らすには、
適度の運動と低脂肪を心掛けた、一汁三菜の食事が一番のようだ。今の日本人のコレステロ
ール値は200前後が一番長生きできる値らしい。検査をして自分のコレステロール値を知り、
データーからみてどうしたらよいのかを考え、合わせる必要がある。それは人によって違う。

 

~エコ料理「ベジブロス」の勧め~
ブロッコリーの硬い部分や、玉ねぎの皮、人参・大根の皮など捨ててしまわず取っておき
(野菜くず)、たまったら(両手いっぱい位)水1600CCと酒100CCを入れ、5分から
10分位煮る。冷ましてからこしてペットボトルなどに入れ保管する。このゆで汁を使って、
みそ汁やスープを作ると一段と味がアップする。ゆで汁は冷蔵保管で一週間もつ。

菅野廣一先生資料参考

学習会がありました

平成28年 6月21日(火) 浜松市役所内21会議室にて

      「知久屋」知久利克 氏をむかえて    消費者グループはままつ
からだにやさしい弁当
からだにやさしい弁当等を販売している「知久屋」の社長・知久利克氏にお話をうかがいました。
静岡県西部を中心に県中部から愛知県東部まで幅広く店舗数を持つ知久屋は、昭和32年に開業され手作り惣菜を作っている会社です。

化学調味料・合成着色料・合成保存料無添加
 健康を追及し、私たちの身体は食べ物からできている、「食は命なり」を理念においしさと安全性を高め、化学調味料・合成着色料・合成保存料無添加のお惣菜を作っています。
 社長自身も重篤な病気を克服され、より一層食に対する関心が強くなられたようです。酵素玄米・有機野菜中心の食事療法をなさっておられると伺いました。
 土作りにこだわり、野菜本来のおいしい味がする無農薬野菜を育て、工場は24時間稼働させ、ドレッシングからマヨネーズまで自社生産しています。

循環型産業
 食品残渣を肥料等に再利用する循環型産業をめざし、人間・環境・社会・次世代に配慮した「エシカル消費」に取り組んでいる会社です。
 今後は「食育」をテーマに、子供や若いお母さん達に食べ物の知識を知ってもらい、日本の食生活が変わっていけば良いと思っているとのお話しでた。
 実際に体験された食と命の関連、どんなものを食べれば良いか等、食べ物の大切さを改めて感じた学習会でした。

 

DSCN0358 (640x480)

DSCN0361 (640x480)

平成28年度消費生活展「8月7日スタート!」

消費生活展スタートは浜名湖ガーデンパークから
夏休みのチビッ子集まれ!大人も楽しめる企画満載

浜松市消費者団体連絡会主催
日時 8月7日(日)
会場 浜名湖ガーデンパーク 体験学習館
参加団体 市環境政策課、地球温暖化センター、エコライフはままつ

エコ料理試食  学ぼうパネル展示
作って楽しむ「牛乳パック工作のいろいろ」

びっくりへび!  牛乳パックトンボ  その他いろいろお楽しみ!

生活展予定一覧
8月7日(日) 浜名湖ガーデンパーク
9月4日(日) 可美総合センターまつり会場にて
11月      ソラモ
29年1月29日(日) プレ葉ウォーク浜北 2F センターコート

 

エコ料理開催しました。

6月12日東部協働センターにて開催
メニューのエコポイント

1.デコレーション寿司
・1年中使えるメニュー。缶詰、乾物を活用、 トッピングは
季節、行事によって自在に変化させて。切り分けて人数変更も可。
・切干大根は乾燥したまま調理可。
・ごぼうはタワシで洗ってササがき、皮を剥かない。
・下に敷くのは、海苔、葉っぱなどゴミにならない。

2.茶わん蒸し
・だし汁をつくり置きで時短調理。身近な和食に。
・むし器がなくても、フライパンでOK!
・旬の具材で1年中楽しめる。(冷やせば、プリンみたいに)

3.新じゃが餅
・皮ごと茹でて手で皮をむくと皮だけ薄くむける。
・冷ましてすりつぶして新じゃがにしかできない旬の味
(新じゃがは、糖に変わる前のでんぷんが多くもちもちになる。)
・茹でた湯は洗いものに使う。

4.玉ネギと塩コンブ
・生のまま水にさらさず、旬の味を楽しむ。皮は水に濡らさない。

IMG_1387

二酸化窒素(NO2)測定を行いました。

12月3日~4日と市内交通量の多い、各所に捕集管カプセルを24時間設置12月5日ザルツマン試薬を使って測定をしました。
2日間とも晴天でしたが、浜北区域では全般に6月測定時より値が低くく「空気はきれい」でした。

image1-6

1 2 3 4 6