学習会がありました

平成28年 6月21日(火) 浜松市役所内21会議室にて

      「知久屋」知久利克 氏をむかえて    消費者グループはままつ
からだにやさしい弁当
からだにやさしい弁当等を販売している「知久屋」の社長・知久利克氏にお話をうかがいました。
静岡県西部を中心に県中部から愛知県東部まで幅広く店舗数を持つ知久屋は、昭和32年に開業され手作り惣菜を作っている会社です。

化学調味料・合成着色料・合成保存料無添加
 健康を追及し、私たちの身体は食べ物からできている、「食は命なり」を理念においしさと安全性を高め、化学調味料・合成着色料・合成保存料無添加のお惣菜を作っています。
 社長自身も重篤な病気を克服され、より一層食に対する関心が強くなられたようです。酵素玄米・有機野菜中心の食事療法をなさっておられると伺いました。
 土作りにこだわり、野菜本来のおいしい味がする無農薬野菜を育て、工場は24時間稼働させ、ドレッシングからマヨネーズまで自社生産しています。

循環型産業
 食品残渣を肥料等に再利用する循環型産業をめざし、人間・環境・社会・次世代に配慮した「エシカル消費」に取り組んでいる会社です。
 今後は「食育」をテーマに、子供や若いお母さん達に食べ物の知識を知ってもらい、日本の食生活が変わっていけば良いと思っているとのお話しでた。
 実際に体験された食と命の関連、どんなものを食べれば良いか等、食べ物の大切さを改めて感じた学習会でした。

 

DSCN0358 (640x480)

DSCN0361 (640x480)