伝統的な食文化を味わうという調理実習がありました。

2月27日 クリエイト4階調理実習室にて
講師 石本静子氏
1、おさい
古くから「年取りの膳」と言われ、大晦日に食べる風習がありました。大根、にんじん、ごぼう、油揚げ、豆腐、ちくわ、切り昆布をおおぶりに切り、大きな鍋でコトコトと半日ぐらい煮る。
お正月3が日中食べるために、おおぶりに切って煮込むそうです。こんぶと、鰹節の味付けで野菜たっぷりの上品な味付けでおいしくいただきました。

2、稗(ひえ)めし
平地の無い山間地では、山の斜面を利用して稗、あわなどの雑穀を栽培してきました。
雑穀は、何度もそじゃくして食べるもので、水加減が難しく塩を入れることで味がひきたつ。昔は、重労働に耐えるために稗めしのような、何度もそじゃくして食べる雑穀などでお腹がすかないようにした。

3、煮あえ
大根、にんじん、コンニャク、椎茸を砂糖、醤油で薄味に味付けして、くるみ和えにしたもの。
こんにゃくだけのくるみ和えではなく、野菜たっぷりのくるみ和えでした。

4、とじくり
フライパンで米、大豆を煎り、やわらかくなるまで煮る。砂糖、塩を加えそば粉をふり入れながら、ダマにならないように手早くかき混ぜながらとじ、熱いうちにピンポン玉より少し大きめに、手に砂糖水をつけながらまとめる。

 

 

ふろしきでエコライフ

2月26日 西区JA雄踏支店にてふろしきの活用法

物を包む為の四角い一枚の布、ふろしきの歴史は奈良時代に始まり、1千年以上あります。古くから、生活の道具として使われてきましたが、石油製品のものが出回って忘れられてきました。そんな中、日本の生活文化が見直されてきたとともに、もったいない精神、何度でも洗って使えるふろしきの人気が高まってきました。
ふろしきは、しばったり、結ぶことにより物を包んだり、運んだりできます。
古くからの知恵と、新しいおしゃれ感覚とを取り入れ、皆で考えてみました。

インスタントバック             おひなさま

140226_1110~01

140226_1111~01

来て、見て、感動第7回北区Deまつり

3月2日 浜松市都田公園にて

雨の降る生憎の天候の中、小さなお子さんから年配の方まで、家族での参加が多かった。
ご当地のうまいもの市、取り立ての野菜、くだもの等を売るトラック市、家康君のふわふわで遊ぼう他、広い公園の中をどろんこになりながら、楽しんでいました。私たち会では、まだまだ減らない、悪徳商法やおれおれ詐欺の啓発や雑紙の分別の仕方、荷造り紐を使って花を工作場では、幼稚園児や小学生が挑戦してくれました。

140302_1032~01

2月の予定

 

2月の予定をおしらせします

消費者グループ連絡会浜北関連の活動)

 9日(日)10:00~ エコはま    エコクラフト

13日(木) 9:00~ あら玉協働センター みそつくり・定例会

20日(木)10:10~ あざれあ     消費者フォーラム

22(土)・23日(日)8:30集合 ソラモ ふじのくに農芸品フェアdocu0106

26日(水) 9:30~ 特別支援学校 エコクッキング

27日(木)10:00~ クリエート浜松 粒食研修会

28日(金)13:00~ 浜松市民協働センター ホームページ研修会

 参加宜しくお願いします。

消費者グループはままつの活動

消費者グルーはままつ

★1月29日(水)   学習会 福祉交流センターにて 

講師に、もくや社長をお招きして、米粉を利用した調理実習 をおこないました。
DSCN0054 (1024x768)DSCN0065 (1024x768)

  日本の米100%を使った米の麺と米粉1割入ったスパゲテー用麺を使い調理。
決められたレシピではなく、ごはんと同じように自由なレシピで考えてみる。
1、人参、玉ねぎ、しいたけ、卵、鶏肉、かにかまを米麺と炒め塩、醤油で味付けた焼きビーフン
2、米麺、長芋、玉ねぎ、キュウリ、セロリ、トマトを味噌風味ドレッシングで和えたサラダ
3、米麺と納豆、ねぎ、削りこ、タレをあえたものをのりでまいて、なっとう巻き
4、油げの中に、鶏肉、玉ねぎ、人参、しいたけ、米麺を入れふくめ煮にしたもの
5、レタス、人参、トマト、キュウイ、米麺を玉ねぎドレッシングであえたもの
6、米麺と大根の葉、昆布を混ぜた、菜飯ごはん
7、米麺にゆかりで味付けして、かにかま、油げ、ほうれん草と一緒に、のりで巻いた細巻
8、生ハム、ルッコラ、みず菜、新玉、トマト、人参、米麺を醤油、酢、塩、大根おろしを混ぜた大根ドレッシングであえたサラダ

以上、たくさん出来上がりました。どれもおいしくいただきました。
又、たまごをかけて、茹でたての熱々をつけ汁で食べるのも合うと思う。

★2月10日(月)   定例会  くらしのセンターにて13:30~

★2月19日(水)   橋爪幼稚園(東区 西ヶ崎)   9:00~                           アンパンマンと仲間たち、もったいないばあさんが訪問して食育の啓発をします。

★2月23日(日)  みまもり術習得講座
会場:みおつくし文化センター
時間:13:30~15:00
自分の身を守る、高齢者を見守るための講座です。

★3月10日(月)   定例会   くらしのセンターにて13:30~

★3月2日(日)   北区Deまつり2014に参加予定
都田総合公園多目的広場内にて 今までに5,6回行われています。
子供から大人まで多数参加しています。会では、まだまだ増えている、
振り込め詐欺など消費者被害にあわないために、啓発をします。

★3月6日(木)    視察研修に行きます!
~行程   うなぎいも協同組合→鳥居食品→ハウス食品~
うなぎいも協同組合:うなぎいもは、遠州産のさつまいもで、うなぎの加工残渣(頭,骨)を肥料にして、畑に入れて作ったおいもだから、うなぎいもと呼ばれています。でも、うなぎの味はしません。甘くて美味しいおいもです。
うなぎいも商品例ー生芋、プリン、タルト、アイス、どら焼き、チョコクランチ、ラスク、ケーキバー等。

鳥居食品;所在地ー浜松市中区相生町20の8
地元の良質な野菜を凝縮して作られるトリイソースの工場見学をします。
天竜杉製の木の桶にソースを寝かせてつくられるのは、日本でも珍いそうです。

ハウス食品静岡工場;所在地ー袋井市新池524-1
昭和57年より稼働、カレーやシチュウなどのレトルト製品、とんがりコ-ン等が作れれており、レトルト食品を作る過程を見学できます。

くらしのフェア省エネ・節電ポスター展示

昨年11月17日行われた「第7回ストップ温暖化くらしのアイデアフェアin浜北」での省エネ節電ポスター応募作品展が1月19日~2月18日までの1ヶ月間なゆた・浜北市民プラザで開かれています。なかなかの力作ぞろいこのポスターのように、みんなで省エネに取り組めるといいですね。

ポスター展を機に、くらしのフェア振り返ってみました。

img352img349

img350img351

img354img355

ソーラークッカーでお湯が湧きました。   ↑ 省エネポスター作品

消費者グループ連絡会浜北中心に実行委員会で実施しました。

img352

手作りみそづくり

次の要領で恒例の手作りみそづくりを行います。

日時:3月2日(日)9:30~12:00
場所:雄踏町文化センター
定員:20名
参加費:糀代のみ必要です

つくり方
大豆はあらかじめやわらく煮てきていただきます
それをミンチにし、塩、糀を混ぜます
用意いただいた容器に移します

申し込み締め切り:2月20日
地元の方を優先いたしますので定員に達した場合はご容赦願います。

お申し込み、お問い合わせ: 中村 電話&FAX:053-592-1917